ノートパソコン選び方です。NEC東芝ソニー等、ノートパソコンメーカー毎に比較ノートパソコン選び方を解説!ノートパソコン選び方

ノートパソコン比較

ノートパソコン比較 > ノートパソコンの選び方

 ノートパソコンの選び方

ノートパソコンの選び方
パソコンメーカー比較 | メモリー増設方法 | パソコントラブルQ&A | スパムメール排除法 | セキュリティ対策

パソコンは、デスクトップ型とノート型がありますが、当サイトではノートパソコンをオススメしています。
ノートパソコンは、何しろ軽量でコンパクトです。
ちょっとした時にサッと片付けることができて、日本の住宅事情にマッチしています。
更に、ノートパソコンなら、
リビングでテレビを見ながらみんなで利用!
食卓の上で家計簿をつける時にサッと取り出す♪
夜は寝室に持っていってゆっくりテレビを見る!
と言った使い方ができて便利です。なにより、かさばらないのがうれしいです。
2台目はノートパソコンを購入する方が圧倒的に多いですが、ノートパソコンを購入してしまうと、 ほとんどノートパソコンしか使っていないと言う方も多いです。
こういう方は、初めからノートパソコンを買っておくのが正解だったわけですね♪
デスクトップ型は、コストの安い大きな部品を使用できるので、価格がとにかく安いんです。 でも、今はかなりノートパソコンも安くなりました。 値段だけでデスクトップ型を選んでしまうと、後で後悔します。
使わないのに場所は取るし・・・(汗)
確かに、仕事で製図に利用するといった場合や、リビングにテレビの変わりに大画面のものを据え置くと言うのなら、 デスクトップ型の方が良いでしょう。
でも、インターネットがやりたい方、とりあえずパソコンを使ってみたい方には、当サイトではノートパソコンをオススメします♪
さて、それでは早速ノートパソコンの選び方を解説します♪
ノートパソコンの選び方は、主に次の通りです。

 ノートパソコンの選び方
1.画面の大きさ
画面の大きさは使用目的によって考えましょう。テレビをよく見るなら大画面の方が良いですし、 外に持ち歩くなら薄型軽量の方がオススメです。
ご自分のパソコンライフ、使用スタイルをまず決めてから、そのスタイルにあったものを選びましょう。
例を上げるとこんな感じです。
○テレビ、映画を大迫力で見たい
17型ワイド、15.4型ワイドのノートパソコン
○多少重くても画面は大きい方が良い
15型以上のノートパソコン
○かさばらない方が良い
14.1型以下のノートパソコン
○かさばらない範囲で画面が大きい方が良い
12.1型以上14.1型以下のノートパソコン
○仕事に持ち歩く
12.1型以下のノートパソコン
2.CPU
CPUとはパソコンの心臓部のコンピューターのことです。 このスペックが高ければ高いほど性能が良いです。 現在は動画配信等、パソコン環境が飛躍的に向上しているので、あまり性能の低いものを買ってしまうのは損と言えるでしょう。
高性能で消費電力も少なめなノートパソコンに適したCPUは、インテルというメーカーのプロセッサです。 インテルのプロセッサ(CPU)搭載型のノートパソコンを選んでおけば、5年経っても現役で使えるでしょう。
3.メモリー
メモリーというのは、パソコンが処理を行う作業スペースみたいなものです。 例えば、仕事机みたいなもので、スペースが広ければ広いほど、いろいろなものを置けて、作業がやりやすくなります。
つまり、このメモリーの容量は、多ければ多いほど好ましいです。
ただ、メモリーは自分でパソコン購入後に増やすことが簡単にできますので、 購入時にそれほど厳密にみる必要はないです。
現在では、512MB程度あれば十分でしょう。 256MBしかないものでも、購入後に256MB若しくは512MBのメモリーを増設すれば問題ありません。
メモリーの性能が低いものほどノートパソコンは当然安くなります。
実は、メーカー純正品のメモリーは、けっこう値段が高いんです。 カスタマイズして、メモリーの性能を落として安く購入し、 後から自分で安くて高性能なメモリーを購入して増設しても良いでしょう。
ただ、ノートパソコンの場合は増設できるメモリースペースに限りがあります。 通常は2スロット分しかないので、できる限り容量の大きいメモリを利用して、メモリーの設置スペースを有効活用しましょう。
但し、メモリーはいくら安くてもノンブランド品を購入してはいけません。 必ずと言って良いほどトラブルがあります。高性能で低価格なメモリーのメーカーは、I-O DATA、BUFFALO等です。
4.ワイヤレス機能
ここで言うワイヤレスと言うのは、家庭内(職場内)無線LANが使えるかどうかと言うことです。
ノートパソコンは薄型軽量コンパクト。どこかにしまっておいて、手軽にサッと取り出して利用したいものですが、 電源ケーブルをコンセントに差し込んで、LANや電話回線をパソコンに接続しないとインターネットができません。
でも、バッテリーの性能が飛躍的にUPしてきており、数時間程度の作業なら、コンセントに繋がなくても良いようになりました。 機種によっては10時間程度も作業できるものがあります。
LANや電話回線についても、無線を利用すれば、いちいちパソコンに接続する必要がありません。
また、LANや電話回線の配線の取り回しが、実はけっこう面倒臭かったりしますが、無線LANなら配線作業もいらずパソコン周りがすっきりで、 何より電波の届く範囲内なら、ノートパソコンをどこに持ち運んでも、いつでも電源を入れるだけでインターネットが利用できます。
この無線LANには、IEEE802.11a、IEEE802.11b、IEEE802.11gという3種類の規格があるのですが、aと言う規格が最も新しい規格です。 このaに対応した機種は「トリプルワイヤレス」と言う表現を使うメーカーがほとんどです。 無線LANで、ストレスなくノートパソコンを利用したい場合は、トリプルワイヤレス対応の機種が良いでしょう。 但し、トリプルワイヤレスではないタイプもまだ多く、必ずしもトリプルワイヤレスである必要はありません。
5.テレビ機能
テレビを見たい方は、必ずテレビチューナー内蔵のノートパソコンを選びましょう。 ノートパソコンにはテレビ機能が付いていない機種も多いです。

ノートパソコンを選ぶ目安と言うのは概ねこんな感じです。
最近はパソコンの性能も良くなりましたので、どのメーカーの機種でも薄型で軽量になりました。
また、どのパソコンメーカーにもあなたのライフスタイルにあったノートパソコンがあると思います。
まずは、テレビを見るか見ないか、無線で使いたいかどうか、持ち歩くかどうか等のノートパソコンの使い方を決めて、 画面の大きさを決定してください。
あなたのスタイルにあったノートパソコンの条件が決まったら、後は各メーカーのデザインを比較して、 あなた好みのノートパソコンを選んでください♪

それでは早速!ノートパソコンを選んでみましょう!!
ノートパソコンを選ぶ
 ノートパソコン比較のその他のコンテンツ
ノートパソコンメーカー比較 /  ノートパソコンのメモリ増設 /  パソコントラブルQ&A /  スパムメール簡単排除法 /  セキュリティ対策

Copyright (C) 2006-2008 ノートパソコン比較@ライフモールnet, All rights reserved.